So-net無料ブログ作成
検索選択
レバレッジについて ブログトップ

レバレッジについて [レバレッジについて]

FXのリスクに学ぶ
レバレッジについて

外国為替証拠金取引(FX)ではレバレッジという言葉がよく使われます。これは日本語に直すと「てこ」という意味です。外国為替証拠金取引(FX)では、最初にFX業者に証拠金(保証金)を渡し、それを元手に、何倍もの価値のある通貨を買うという投資をします。

この取引金額と証拠金(保証金)の割合(倍数)をレバレッジと呼びます。
外国為替証拠金取引(FX)業者・企業は5倍から200倍ぐらい、中には400倍ものレバレッジをかけている業者もいます。

「レバレッジを高くするとどうなるのか」

例えば1ドル=100円の時

1万ドルを買うのに1倍なら100万円必要ですが10倍なら10万円、
1万ドルを100倍なら1万円の資金で外国為替取引(FX)が出来ると言うことです。


「高いレバレッジでの決済は」

レバレッジが高いと利益も大きくなりますが当然反対に損失も大きくなります。

レバレッジを10倍にした場合は、為替差損益も10倍になりますが、スワップ金利ポイント
も10倍になります。レバレッジを200倍にするとスワップ金利(ポイント) も200倍になります。

続きを読む



共通テーマ:マネー
レバレッジについて ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。