So-net無料ブログ作成
検索選択
FXのリスクの種類 ブログトップ
前の10件 | -

電子取引システムに関するリスク [FXのリスクの種類]

電子取引システムを利用してfx取引される等の場合、以下のリスクに晒されます。

通信機器や通信回線およびfx会社の電子取引システム、情報配信の障害等により、一定期間において
取引が困難あるいは不可能になる可能性があります。

電子取引システムへの入力を誤った場合、意図とは異なった取引が成立する可能性があります。
配信される外国為替レートその他の情報が、何らかの原因で誤配あるいは遅配されることにより、実勢とは乖離したレートで約定される可能性、および約定が取消される可能性があります。

fxの電子取引システムに使用される口座番号やパスワード等が、窃盗、盗聴等により第三者に漏洩し、その第三者が悪用することによって損失が発生する可能性があります。

自分にあった保険
がわからない方へ。
ファイナンシャル
プランナーが
あなたの生命保険を
無料相談受付中。

カバー取引先のリスク [FXのリスクの種類]

カバー取引先のリスク

FX会社はカバー取引を行っている為、顧客からの注文は、すべて取引会社や金融機関等にカバーされ、
預かった証拠金はそのカバー取引先へ預託されることがあります。

このため、カバー取引先の信用状況(倒産など)によって損失を被る恐れがあります。

また諸事情によりカバー取引先が取引を執行できない事態になった場合、
取引に支障が出ることもあるのがカバー取引先のリスクです。

タグ:FX リスク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

信用リスク [FXのリスクの種類]

信用リスク

取引する外国為替証拠金取引(FX)は、取引をする人とFX会社との間で行われる相対取引
(店頭金融先物取引)なので、FX会社の信用状況(倒産など)によっては損失を被る危険性があります。

但し、fx会社に預託した証拠金は、fx会社の自己資金とは別に分別保管されることにより、
資産が保全(信託保全)されるように図られています。
タグ:FX リスク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

流動性リスク [FXのリスクの種類]

流動性リスク

外国為替市場において、取引高が少ないことから決済のための売戻しや、買戻しが行えないことにより
発生するリスクです。

取引する通貨固有の流動性に加え、主要国の休日や、天変地異、戦争やテロ、政変、
政府による外国為替管理政策の変更などが、その原因になり得ます。


タグ:FX リスク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

逆指値注文のリスク [FXのリスクの種類]

逆指値注文のリスク

逆指値注文は、外国為替相場が急激に変動した場合などの状況において、
逆指値注文を出していても指定された価格から大きく乖離して約定されることがあります。

一瞬にして為替レートが動く為システムが追いつけずに指値から大きく外れて約定してしまいます。

このため、損失を限定させるために行われた逆指値注文は、必ずしも損失を想定した額の範囲に
留められるとは限らず、意図しない損失となる可能性があるリスク。
タグ:FX 為替

スワップポイントに関するリスク [FXのリスクの種類]

スワップポイントに関するリスク

外国為替証拠金取引(FX)は決済期限が設けられていないので決済していないポジションは、
想定受渡日を毎営業日、自動的に1日延長しています。

決済していないポジションの売りと買いには、その通貨が持っている金利差(スワップ金利)があり、
2つの通貨のうち高金利通貨の方を売りでポジションを持っている場合に、スワップ金利は支払いとなるので
当然スワップポイントは、評価損額として計上されます。

また、スワップ金利は、当該通貨それぞれの短期金利によって決定され、日々変動しています。
場合によっては、2つの通貨の金利水準が取引の途中で逆転することもあります。

タグ:FX リスク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー

ロスカットのリスク [FXのリスクの種類]

FXのリスクを学ぶ
【FX外国為替取引のリスクの種類】

ロスカットのリスク

取引では、預託証拠金を超える損失の発生を防ぐため、当社の定める一定時間ごとに
外国為替レートに基づいてポジションを時価評価します。

時価評価を行った時点でロスカット基準に達した場合、 全部のポジションを成行注文で「自動反対売買」しますが、
この場合でも為替相場の急激な変動などにより、預託している証拠金の額以上の損失が生じ、 取引証拠金の残高がマイナスとなる可能性もあります。

続きを読む



共通テーマ:マネー

損失を限定させるための注文リスク [FXのリスクの種類]

FXのリスクに学ぶ
【FX外国為替取引のリスクの種類】

損失を限定させるための注文リスク

損失を限定させることを意図した特定の注文方法は、通常の市場環境では損失を 限定する効果が
あるものと考えられますが、状況によって有効に機能しないことがあります。

例えば、為替レートが一方向にかつ急激に変動した場合、 指定されたレートよりも不利なレートで約定する可能性(スリッページの発生)があり、 意図していない損失を被ることがあります。


タグ:FX
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

電子取引システム利用のリスク [FXのリスクの種類]

Fxのリスクを学ぶ
【FX外国為替取引のリスクの種類】

電子取引システム利用のリスク

電子取引システムでの取引の場合、注文の受付に人手を介さないため、 売買注文の入力を誤った場合、
意図した注文が約定しない、 あるいは意図しない注文が約定する可能性があります。

電子取引システムは 通信・システム機器の故障、通信回線等の障害・混雑、 情報配信の障害、あるいは電子取引システムそのものの障害など様々な原因で 一時的または一定期間にわたって利用できない状況が起こる可能性、

また何らかの原因で電子取引システムが利用できない場合は一切の注文などの取引・発注行為が
行えないリスクがあります。

電子取引システム上で表示される為替レートは、 必ずしも市場の実勢価格を正確に表示しているとは限りません。

市場が急激に変動した場合、 電子取引システム上の為替レートは遅れ気味となり、電子取引システム上の為替レートと市場の実勢価格との間で 乖離が生じる可能性があります。電子取引システムを利用する際に用いられる ID 、パスワード等の情報が、盗難、盗聴などにより漏れた場合、その情報を第三者が 悪用することにより損失が発生する可能性があります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

金利変動リスク [FXのリスクの種類]

FXのリスクを学ぶ
【FX外国為替取引のリスクの種類】

金利変動リスク

取引は決済期限を設けていないため、当日の取引終了時(ニューヨーク市場クローズ時)に 未決済ポジションが残っている場合、スワップポイントの決済がされます。

相対的に金利が低いほうの通貨を買ってポジションを持った場合、 または、相対的に金利が高いほうの通貨を売ってポジションを持った場合は、スワップポイントを支払う必要があります。

スワップポイントは各通貨の短期金利の年率を日割り計算したものをベースとしています。

FX業者によっては、カバー先銀行から提示されるスワップポイントをそのまま採用している会社と、カバー先銀行から掲示されるスワップポイントに諸経費を加算して掲示している会社があり、会社によってスワップポイントは異なります。

金利水準は各国の経済事情や政治情勢などの様々な要因を映して変動します。
スワップポイントについてもリスクとしての側面があることを十分に認識してください。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | - FXのリスクの種類 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。