So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

FXシグナル無料配信 [システムトレードについて]

FXシグナルが1ヶ月無料で配信されます

あの多くの著書を持つ『山根亜希子』さんが、シグナル配信を始めます。

初めの1ヶ月は完全無料で指値配信されます
人気がありすぎるので6月1日~8日だけの期間に受付なんです。

申し込みが出来るのが6月1~8日の間だけです。
シグナル配信に納得出来なければ解約でOK!
無料で1月間はシグナル配信が有ります。

初めにクレジットカードが必要ですが課金はされませんよ
夜8時までです。



為替のベストセラー作家であり、日本一有名なFX女性個人投資家・山根亜希子の豪ドル/円タイミング配信
お申込みはこちら↑



初めての方はこれで勉強しましょう

山根亜希子のFXトレーダー育成セミナーDVD(8枚組)




共通テーマ:マネー

FX用語~サ行~ [FX用語]


【裁定取引】
FX(外国為替取引)において割安のものを買い、割高のものを売ることにより、全体の上下動の影響を極力排除しながら収益を挙げる手法をいいます。異なる市場間で金利差、価格差、直先差を利用するなど様々な手法があります。たとえば、株価指数の先物と現物の間には、価格関係の一時的なゆがみが生じる事がありますが、理論的にはどちらも同じ価格になるべきものですから、高いほうを売って、安いほうを買っておけば、相場全体の上げ下げによるリスクを抑えながら、着実に利ざやをとることができます。

【差金決済】
FX(外国為替取引)において現物の受渡しを伴わない、差金の授受による反対売買を言います。


【指値】
FX(外国為替取引)において 売買注文を出すときに、あらかじめ指定したレートで売買を行なうことをいいます。指値買いでは現在のレートよりも安い値段を、指値売りでは現在のレートよりも高い値段を指定します。一方、現在のレートよりも高くなったら買う、現在のレートよりも安くなったら売るという場合は、逆指値を使います。


【サポートライン】
FX(外国為替取引)において チャート分析において、過去に何度かその水準で為替レートが止まった価格帯のことをサポートライン(支持線)といいます市場参加者の多くが、相場がその水準を維持して、それ以上は下落しないという認識がもちやすくなるため、実際の相場では、逆にサポート・ラインを割り込むと、多くの市場参加者の損切り(ストップ・ロス)を誘発して、さらに大きく急落することもよくあるため、注意が必要です。一方、市場参加者の多くがこれ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯のことをレジスタンスライン(抵抗線)といいます。



【支持線・抵抗線】
FX(外国為替取引)のチャート分析において、過去に何度かその水準で為替レートが止まった価格帯のことを支持線(サポートライン)といいます。市場参加者の多くが、相場がその水準を維持して、それ以上は下落しないという認識がもちやすくなるため、実際の相場では、逆にサポートラインを割り込むと、多くの市場参加者の損切り(ストップ・ロス)を誘発して、さらに大きく急落することもよくあるため、注意が必要です。一方、市場参加者の多くがこれ以上相場が上昇しないという認識をもちやすい価格帯のことを抵抗線(レジスタンスライン)といいます。



【実現益(損)】
FX(外国為替取引)において 実際にポジションを決済して、利益になる場合は、この利益を「実現益」といい、損失となる場合は、この損失を「実現損」といいます。これに対して、ポジションを決済せずに、利益が乗っている場合は、その利益を「評価益」といい、損失となる場合は、その損失を「評価損」といいます。



【需要筋】
FX(外国為替取引)において資本取引(投資や投機)と輸出入に伴う外国為替取引を行なう機関投資家のことをいいます。実需筋は為替変動によって収益を得ようという目的で売買を行なっているわけではないため、目先の相場の方向性にあまり影響を与えないで、淡々と取引をすることに特徴があります。
私募(Private Issues)
株式や公社債を発行する際に、特定少数の投資家を対象に募集すること。【←→公募】



【資本収支】
直接投資や証券投資などの資本取引の収支を指します。

【主要通貨】
世界中の外国為替市場で、多くの市場参加者が、頻繁に売買している通貨のことをいいます。現在であれば、米ドル、日本円、ユーロ、ポンド、スイスフランのことを指し、メジャーカレンシーともいいます。


【ショート】
FX(外国為替取引)において ある通貨を売り持ちにしている状態をいいます。たとえば、ドル/円で「ドルショート」という場合は、ドル売り・円買いを行なっていることを意味します。この場合、ドル安・円高が進むほど利益を得ることができます。ただし、為替取引においては、買っている通貨の金利を受け取り、売っている通貨の金利を支払うことになりますから、「ドルショート」の場合に、ドル金利のほうが円金利よりも高いと、ポジションを持っているあいだはその金利差に相当する部分がコストとしてかかることになります。したがって、金利が高い通貨をショートするときには、短期で取引を終えるようにしないと、金利コストによって利益を食われることになるので、注意が必要です。



【順張り・逆張り】
FX(外国為替取引)において相場の方向性に沿って取引することを順張り、相場の方向性に逆らって取引することを逆張りといいます。たとえば、ドル/円相場で、ドル高の傾向にある場合に、「この先もドル高が続くだろう」という予測のもとにドルを買うのが順張りで、逆に「そろそろドル高も反転するだろう」という予測のもとにドルを売るのが逆張りです。

続きを読む



共通テーマ:マネー

資産を減らすリスクを少なくする [システムトレードについて]

あなたはシステムトレードを知っていますか?

『 システムトレード 』とは、人間の感情を排除して、機械的に取引する売買のトレード手法のことをいいます。

大体の人は個人の判断や勘によって買い時・売り時を決定し、取引をしていますね。これを『自己裁量トレード』といいます

しかしどれだけの人が、利益を上げているのでしょうか?

世界中のプロの投資家でさえシステムトレードを使っているそうです。
つまり自己裁量トレードはそれだけリスクが高く難しいと言う事です。

システムトレードでは、個人投資家の直感や誰もが入手できる世間のニュースなどで、
右往左往して売買判断することなく、売買のタイミングは、すべて過去の数学的な統計分析から決定しています

『システムに買いのサインを出したらば買いの注文を出す。』

『システムが売りのサインが出たらば売りの注文を出す。』

という、非常にシンプルな投資手法です。



ただしこのシステムを自分で作るのは相当大変ですよね。


そんなシステムトレードを簡単に入手できるサービスがあります。
売買シグナルを教えてくれるのです。

つまり『いつ買うのか売るのか』を教えてくれるサービスです。
これなら大事な資産を減らすリスクは少なくなりますね。


使い方は特に何も難しいことはありません。

コンピュータプログラムの知識やテクニカル分析の知識がない人でも利用できます

インターネットにつながるパソコンとメールアドレス(携帯アドレスも可)があれば十分です


といっても1日中パソコンの前にいる訳ではないですよね、しかし売買サインが出たら
携帯にメールで知らせてくれるので、サインがメールされたら携帯から
自分のFX口座にログインして取引をすれば簡単ですね。

取り扱い通貨は米ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、カナダドル円、
NZドル円、スイスフラン円、ユーロ米ドルの合計8通貨ペアです


更にくわしくはコチラから


携帯からの取引におすすめのFX会社
1万円からのFX取引は、伊藤忠グループ・FXプライム


共通テーマ:マネー
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。