So-net無料ブログ作成

スワップポイントに関するリスク [FXのリスクの種類]

スワップポイントに関するリスク

外国為替証拠金取引(FX)は決済期限が設けられていないので決済していないポジションは、
想定受渡日を毎営業日、自動的に1日延長しています。

決済していないポジションの売りと買いには、その通貨が持っている金利差(スワップ金利)があり、
2つの通貨のうち高金利通貨の方を売りでポジションを持っている場合に、スワップ金利は支払いとなるので
当然スワップポイントは、評価損額として計上されます。

また、スワップ金利は、当該通貨それぞれの短期金利によって決定され、日々変動しています。
場合によっては、2つの通貨の金利水準が取引の途中で逆転することもあります。

タグ:FX リスク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。